自律神経失調症 エンタテインメント新次元。


こんにちは!
こころ間の鍼灸師のタケダキミヨです
ドイツ記事の続きです。

前回までのドイツ旅行記がコチラ☆ドイツ旅日記?ヒルデガルトゆかりの地へドイツ旅日記?リューデスハイムをぷらぷらとドイツ旅日記?ホームステイスタート!ドイツ旅日記?森へドイツ旅日記?オーガニック農場見学
ドイツにて、3泊4日の自然療法ホームステイ。

ステイ先はホメオパス(ホメオパシーの専門家)の森さやかさんのご自宅です。  さやかさんは料理上手☆日本ではこんなにフレッシュで種類豊富なハーブ、なかなか手に入らないですよね。普通のスーパーでもオーガニックの野菜やハーブがたくさん売られています。素晴らしい。さやかさん宅の裏庭にて。写真を撮るのが楽し過ぎる。ある日の夕食。春のドイツは白アスパラの季節☆美味しい!! お土産にお灸を持参しました。ドイツ人のご主人にお灸中。 滞在中に次男くんの誕生日がありました。日本では、誕生日にプレゼントを貰いますよね。ドイツでは、誕生日にプレゼントを渡すそうです。面白いですね。 誕生日に、クラスメート全員に配るマドレーヌ作りをお手伝い。 ハッピーバースデイ!!
特別な日に立ち会わせていただき、HAPPYでした☆  さやかさん宅はいつもワイワイ賑やかです。
さやかさんは大阪出身なので関西弁。さやかさんと息子くんたちの会話も関西弁。さやかさんとドイツ人のご主人は英語。ご主人と息子くんたちはドイツ語。 いろんな言葉が飛び交います。 大学から10年間、大阪に住んでいた私。普段はエセ関西弁と岐阜弁(出身)混じりの変な言葉を話します。 私にとって関西弁は懐かしく、そして心地いい。 だから、初めてさやかさんに会った時、なんだかほっと安心したのだと思います。  滞在中、さやかさんといろんな話をしました。私の今に、これからにつながるヒントをたくさんいただきました。 さやかさんからいただいた気付きが、帰国後、ぐんぐん私の背中を押してくれているような気がしています。  ドイツ記事、まだまだ続きます。少しずつ書いていきますね。
  品川区荏原中延にある女性のための隠れ家鍼灸治療院はりきゅう こころ間http://www.hariqcocoroma.com/自律神経失調症、ホルモンバランスの乱れ、ストレスによる様々な不調、美容鍼、鍼灸経絡治療は当院へ
こちらのページでもこころ間の詳細をご覧いただけます。https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/1796/ 荏原中延、中延、武蔵小山、西小山、戸越銀座、五反田、品川エリアの鍼灸、美容鍼灸治療院
目黒、恵比寿、渋谷、自由が丘、二子玉川などからもアクセス便利な好立地周辺には、旗の台、荏原町、戸越、戸越公園、馬込、西馬込、不動前、などの駅があります 1日2名限定、完全予約制
治療はおひとりおひとりにあわせたオーダーメイド  院長 武田起美代の自己紹介 →☆ 治療メニュー・料金→☆鍼灸治療について→☆美容鍼灸について→☆ ご予約・お問い合わせはコチラから こころ間インスタグラム →hariqcocoroma   

自律神経失調症のアイテムが満載です


仕事のストレスがここ1カ月、常にマックスなのだが、仕事中の動悸がひどくなったり、情緒不安定な人みたく仕事中に涙が止まらなくなったり、もう精神的に無理だ…と思い、ついに精神科を受診することにした。先日、かかりつけの内科では自律神経失調症だと診断され、薬を出されてはいたけど、ぜんぜん利かなかった・・・というのも、精神科を選んだ理由の一つだ。 どんな強い薬だろうと、とにかく動悸さえ治まれば・・・、とにかく周りのスパイを見てイライラする感情さえなくなればそれで良い・・・と思った。 看護師さんとの問診で、『言いづらい事も聞くかもしれないけど、ゴメンね。』と言われたけど、上司から受けてきた言葉の暴力やパワハラ、私の情報を告げ口する為、諜報活動をしている連中がいる事、上司自体が「さっきトニたんと何話てたの?」と職場の仲間ら聞いて回っている・・・という事を包み隠さず話したら、「信っじられないっっ!」と驚かれた。 先生との診察では、「なんでもっと早くこなかったの!そんな状態になるまで我慢してたら、君のココロが壊れちゃうよ!僕の考えとしては、仕事はしばらく休むべきだと思うよ。診断書なら書いてあげるから、しばらく静養しなさい。」と言われた。でも、現状では人員が足りていなくて仕事が追い付かない為、休むなんてできない。 だから、「とりあえず、動悸とイライラの感情が無くなるなら、薬を飲んででも仕事は続けたいです。」と伝えて、処方してもらえ事らなった。 「ただし、ここへの通院は優先しなさい。休みを貰ってでも、ゆったりと時間を取って通院し、長期で直すしかないんだからね。『いえ、休めないのでキッチリ仕事を終わらせてから、仕事帰りに来ます。』って言うなら仕方ないけど、それでは本来の治療とは違うからね。」と、くぎを刺された。σ(^_^;)通院してから1週間たつけど、薬を飲むと動悸も治まったし、今まで抱いていたイライラした感情がポンっと消えた。喜怒哀楽の【喜怒】が抜け落ちたみたいに、無感情で仕事ができる。 ただ、あからさまにピンポイントで敵意ありありで上司から対面でケンカを売ってこられると『バッカじゃね~の、コイツ。』という感情は出てしまうが、週明けには唯一の一番の理解者である女子が退社してしまう為、彼女がいなくなったら四面楚歌だ。 多分パワハラ上司は、じりじりとイビり倒して自主退社をさせたいんだろうなぁ・・・と察しは付く(過去にも前例があるので)けど、私はこれまでに受けたパワハラを克明な日時と共にレポートにまとめているし、音源もあるので、戦おうと思う。 ・・・と言うか、彼女が居なくなって四面楚歌になってしまう現在の課に居続けるのと、パワハラを理由に思い切って部署異動願いを申し出て【右も左も分からない課で、一から仕事を覚え、一から人間関係を構築する】のと、どっちが精神的に楽かと考えたら、多分後者だろう・・・と。 とりあえず、精神安定剤の効果もテキメンだし、睡眠薬は眠れ過ぎて困るくらいだけど、久々に平常心で生活できている。